管理人が気が向いたときに書く日記
    
スポンサーサイト   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
弔辞   
あ・・・重くならないで(;´▽`lllA``

とあるブログで紹介されてたから、やってみただけですw


弔辞







ここで、故岬様のご友人より、弔辞を頂戴いたします。

(岬さんの彼氏が前へ)

-----------------------------------------------------------------

こうして薄ら笑いしている岬の写真を見ていると
もう会えないなんて信じられないな…。
警察に聞いたよ。道路に飛び出した猫を助けてお前ははねられたらしいな…。
さすがだけど、きっと猫ではなくおれが飛び出したら
ほったらかしだよな…ふっ…。

出会ったころの岬は、付き合っていないのに
最初からなんだか重苦しさを感じたのを覚えているよ…。
やけに人見知りしているし、あまり自信がないように見えた。
もっと自分を出せるようになればモテると思うんだが
改善されないまま逝ってしまったな…残念だ…。

付き合った当初はラブラブでかわいかったけれど
最近は意地っぱりだしかわいくなくなっていたように思うよ…。
不満を溜め込んで、ぐっと重苦しい雰囲気に熟成してから「文句を言う」
って形でぶつけてきたから、最近は不仲だったよな…。
こんなことになると分かっていたら
もう少し優しく聞いてやればよかったと思う…。

もっと生きていてほしかった。
生きて、以前のような素直な状態を取り戻してほしかった。
このごろは皮肉や文句や我慢ばかりで
なんだか一緒にいて疲れるような印象だったし
その印象のままいなくなってしまったな…。
岬がいなくなって以来、何度も夢枕に岬が立つんだ…
「絶対に新しい女つくらないでね」って…。成仏してくれ…。

岬がおれにくれたものと言えば、ヘソ毛ぐらいだな…。大切にするよ…。

岬のこと…忘れようと思っても忘れられないよ…。
強烈なインパクトをありがとう…さようなら…。

-----------------------------------------------------------------


続きまして、もうお一方、岬様のご友人より、弔辞を頂戴いたします。

(岬さんの親友が前へ)

-----------------------------------------------------------------

岬、ひどいよ゛…みんなを置いていって…い゛ぇっ…。
道路に飛び出した猫を助けようとして身代わりになったんだってね゛…。
岬ってすごく優しいんだよね゛…猫にだけは…い゛ぇっ…。

岬が天国にいっちゃったって友達たちには私が連絡したんだよ゛…い゛ぇっ…。
みんな口々に「いいコだった」って言ってだよ゛…
でもみんなそればっかりで、他に何も言ってなかっだよ゛…。
ひたすらいいコだったってことでもういいかな゛…
これ以上掘り下げなくても…い゛ぇっ…。

岬の元彼にも電話しだよ、「岬が死んじゃった」って…い゛ぇっ…。
そしたら「優しいコだけに長生きしてほしかった」って言ってたよ゛…。
「嫌いで別れたわけではない」ってキレイごとも言ってた…
卑怯な男ってよくこういうこと言うよね゛…い゛ぇっ…。

私はね、岬が恋愛に一生懸命なのに
やたらと下手なのを見てきたし、応援しでだんだよ゛…い゛ぇっ…。
もっと幸ぜになっでほじがっだよ…。
なんだかうまくいがないジレンマだけ抱えて遠くにいっちゃっだね゛…い゛ぇっ…。

…。岬が言っていた「男は歩く財布」って名言
ちゃんと墓標に刻んでおくから゛ね゛…い゛ぇっ…。

岬を思い出すと笑いばかりがこみあげてぐる゛よ゛…い゛ぇっ…。
さようなら、平成の爆笑王…。





つっこみどころが満載ですな・・・(ェ;)汗

彼氏が飛び出しても助けるし(その前に飛び出さないだろうけど)
ヘソ毛あげてないし・・・(ェ;)汗

そして友人よ・・・
「男は歩く財布」なんて思ってないからな?(苦笑)



   にほんブログ村 大学生日記ブログへ 


でも一体何人が悲しんでくれるんだろうね・・・。

              
コメント
         
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

                  
トラックバック
トラックバックURL
→http://misa724.blog83.fc2.com/tb.php/603-a4aa9f02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    
         
    
                        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。